関西から富士急ハイランドへアクセス方法(車で行く場合)

車で行く場合

関西から富士急ハイランドへ行く手段として車を使った場合をみてみます。
富士急ハイランドへのルート

現実的なルートは、海側の新東名高速経由と山側の中央道経由の2つがあります。記載の道路名は主要なものだけ。料金等は平成26年4月現在の通常時間のものです。目安としてください。

 

■新東名高速経由(海側ルート)

大阪梅田からだと、

福島IC→阪神・名神・西名阪・東名阪・新東名・東富士五湖→富士吉田IC富士急ハイランド

片道の距離約440km、所要時間約5時間30分、通行料金11,160円(ETC10,950円)

 

■中央道経由の場合(山側ルート)

大阪梅田からだと

福島IC→阪神・名神・東名・中央道→河口湖IC富士急ハイランド

片道の距離約490km、所要時間約5時間50分、通行料金11,220円(ETC10,820円)

 

このように、距離、時間、料金の単純比較では新東名の方が少ないです。車だと、上記の通行料の復路分と燃料代が最低必要になってきます。ざっと考えると車なら4人ぐらいで行くのが効率的でしょうか。

◆自宅からの高速料金や所要時間の照会はこちら

あと、費用以上に考慮すべきなのが運転の労力と精神力!どちらのルートも450km以上の長距離です。運転者が1人では大変なので交代要員が必要です。もちろんアルコールは飲めないし睡眠や体調にも配慮しないといけません。

 

1日券付き富士急ハイランド直行バスツアーなら

関西から富士急ハイランドへ行くにはバスツアーが一番安くて便利です。往復のバス料金と富士急ハイランドの1日乗り放題フリーパスがセットなっていてオトクです。


img077

基本は2泊3日コース(車中泊、日帰り)です。京都、大阪、神戸を中心に関西各地を夜に出発して、翌朝早く富士急ハイランドに到着。そして同日夜の出発まで、たっぷり1日楽しめるので、時間の有効活用ができます。また宿泊と組み合わせたプランも選べます。あと一人でも参加OKなので、ふらっとストレス解消にももってこい。

ツアーによっては富士急ハイランドに隣接する「ふじやま温泉」の入浴が付いたものや、宿泊を付けたりもできます。

画像の説明文

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ