関西から富士急ハイランドへ。目玉アトラクション「高飛車」

富士急ハイランドの目玉は、なんといっても「FUJIYAMA」「ドドンパ」「ええじゃないか」「高飛車」の四大絶叫マシーン。いずれもギネス認定の「えげつない」ジェットコースターです。

この中で一番最新のマシーンが平成23年7月開業の「高飛車(たかびしゃ)」です。

富士急ハイランド 高飛車

その特徴は落下角度。なななんと121度! 画像にある「R」のような塔の上から落ちます。

普通にモノが真下に落ちると90度なので、それよりも前のめりというか抉(えぐ)り込んだ落ち方です。ギネス認定です。落下の前に数秒一旦停止の「間」があるのが刺激を倍増します。動画を参考にしてください。



富士急ハイランド 絶叫マシーン「高飛車」

ちなみに「高飛車」の全長は約1㎞で160秒で走破します。121度の落下にももちろん回転やヒネリなど盛りだくさん。たった3分弱ですが長い感じがしますよ。

ハードな乗り物なので、身長130㎝未満の人、年齢が10歳未満と61歳以上の人は利用できません。もちろん心臓の弱い方も。

この「高飛車」は、関西からわざわざ富士急ハイランド行く価値があるアトラクションです。絶叫マシーン好きの人はぜひ挑戦を!

⇒富士急ハイランド公式サイト

⇒関西から富士急ハイランド直行バスツアー

スポンサーリンク