関西から富士急ハイランドへは直行バスツアーが便利!安く行けるで!

関西人も富士急ハイランドへ行こう!

週末や休日の遊びに行く場所やデートのマンネリ化にお悩みなら、山梨県の「富士急ハイランド」はどないでしょう。

富士急ハイランドというたって、関西からめちゃくちゃ遠いやん!そんなとこ、おいそれと行けるかいな!金もかかるやろし!

と思う人は多いと思いますが、夜行のバスツアーを使うと、週末にでも案外気軽に行けるんです。料金も安くてお手頃。バスツアーは、京都、大阪、神戸などから出発しています。

富士山が見える富士急ハイランドで、刺激的な「非日常」体験して気分転換するのもええもんですよ!

ここでは、関西から利用しやすい富士急ハイランド直行のバスツアーを紹介します!

[toc]

直行バスツアーってどんなん?

往復バスとフリーパスがセット

富士急ハイランド直行バスツアーは、往復のバスと富士急ハイランドの1日乗り放題フリーパスがセットになったものです。料金もそれぞれ別々に手配するよりも格安の設定になっています。

ツアーといっても、他のお客さんとは行き帰りのバスが一緒なだけで、富士急ハイランドでは完全に自由行動です。

基本は車中2泊の3日間

関西からの富士急ハイランドバスツアーは、夜行となっていて車中2泊の3日間の行程が基本です。

関西各地を夜に出発して、翌朝早く富士急ハイランドに到着して、その日の閉園まで自由に過ごしてます。現地を夜に出発して、次の朝に関西に帰ってきます。このように、行き帰りとも夜行になるので、バスの中で2泊することになります。

tdrflow

例えば、金曜日の夜に出発(大阪は21:30頃)すると、土曜日は富士急でほぼ1日遊んで、日曜の朝に帰って来ることになります(大阪着は7:00頃)。週末でも気軽に行けて、時間も有効に活用できます。

希望によっては、日程を伸ばして現地のホテルや旅館に宿泊することもできます。

1人参加もOK!

富士急ハイランドバスツアーは、1人でも参加できます。急に休みが取れたときや、他人に気兼ねなくストレスを発散したときに気軽に利用できます。

富士急ハイランドバスツアーを予約する前に、天気予報とあわせて、富士急ハイランドの公式サイトで営業時間やアトラクションの運行状況を確認しておきましょう。せっかく関西から行ったのにお目当ての絶叫マシーンが運休だったらショックですよ。

⇒富士急ハイランド公式サイト

大阪、京都から「サンシャインツアー」

sunshine
関西から利用しやすい富士急ハイランドバスツアーのひとつが、ニチアントラベルさんの「シサンシャインツアー」です。

ニチアントラベルさんはバスツアー中心に広く国内旅行を企画、運営の実績がある旅行会社です。サンシャインツアーの直行バスツアーは、富士急ハイランドの休園日以外はほぼ毎日設定があるので利用しやすくなっています。値段も最安級です。

大阪・京都から毎日出発!12月25日発まで受付中!

サンシャインツアーは、大阪と京都から、休園日以外の毎日出発しています。時期によっては、神戸や姫路、岸和田、草津などからの出発プランもあります。

2018年10月1日~12月25日出発のバスツアー

大阪、京都発着となります。その行き帰りの途中で、静岡の温浴施設「天神の湯」に立ち寄ります。ツアーにはその「天神の湯」の朝食券(バイキング)または入浴券が付きます(予約の際に選びます)。

※「天神の湯」へは往きは4:00~7:00頃まで、帰りは深夜3時間ほど滞在します。
※「天神の湯」で帰りの食事につかえる100円割引券もつきます。
※フリーパスが付かないプランもあります。富士急ハイランドには入園できます(入園無料)。
※1/8・12/4・12/13は富士急ハイランドは休園日です。

料金は最安級!

サンシャインツアーの料金は、大阪・京都発で標準的な4列座席車両(トイレ・コンセント無し)で一律大人ひとり12,900円~13,700円、大学生12,800円~13,600円と格安です。中高生以下はさらに割引があります。(もちろん1日フリーパス付きです)。

※10月1日~12月25日発は大人13,300円、大学生13,200円です。上記の「天神の湯」の入浴券または朝食券もついています。
※富士急ハイランドの通常の1日フリーパスは18歳以上5,700円です。

バスの座席タイプが選べます!

サンシャインツアーでは希望の場合、標準座席の料金に追加することで、下記の座席への変更もできます。

  • コンセント付き3列座席
  • のびのびシート(前後座席の間隔が広め。トイレ・コンセント付バス)

滞在時間が長め!

サンシャインツアーでは、現地到着が富士急ハイランドの開園前、帰りの出発が閉園後の22時ごろなので、現地での滞在時間が長めです(関西に帰って来る時間も遅め)です。

いろいろアレンジもOK!

サンシャインツアーでは、基本プラン(車中2泊3日)を希望に応じてバスの片道利用(関西⇒富士急)や延泊、2日券への変更などができます。ホテルや旅館の手配もできます。

前日午前中まで申し込み可能!

サンシャインツアーでは、空席があればインターネットで出発前日の昼12時まで申し込み手続きができます。休みが降って湧いたときや、天気予報をみて思い立ったら、照会してみてください!



神戸からは「LIMON」

神戸からは兵庫県のバス会社、神姫バス関連のバスツアー「LIMON」で富士急ハイランドツアーがあります。大阪、京都発もあります。多客期以外は設定日が限定されていて、10月、11月末まで基本は金曜日のみ出発となっています。料金は大人一人12,700円~13,700円(神戸発着は片道につき+500円)です。

現在2018年11月出発分まで受付中です。

夜行高速バス「フジヤマライナー」

バスツアーではありませんが、夜行の高速バス(路線バス)で大阪、京都から富士急ハイランドへ行くこともできます。

高速バスは「フジヤマライナー」という名前で、近鉄バス富士急行が、大阪・京都と富士急ハイランド・河口湖の間を毎日1往復しています。

バスツアーの設定がない時期に遊びに行きたい時や、富士急ハイランドの年間パスや前売券などを持っている人に便利です。また、往復乗車券だと10日有効なので、富士急ハイランド以外にも周辺の観光など自由に行程が組めるのも魅力です。

停留所と発着時刻

関西側では大阪の東梅田、難波、天王寺と京都駅に発着します。

主に阪神高速、名神高速、 東名阪道、東名高速を経由します。往路は土山SA、復路は富士川SAで休憩します(時期や運行状況等で変更になる場合が有ります)。

料金

座席が1人掛け3列シートの通常便(1号車)のほかに、季節運行の2人掛け4列シート車両を使った格安便(2号車)があります。どちらもトイレ付き車両です。

※カッコ内の金額は往復料金です。

 1号車(通常便) 2号車( 格安便)
 大阪発着  8,700円(15,700円) 6,700円(11,700円
 京都発着 8,200円(14,800円)  6,200円(10,800円)

※上記は運賃だけなので、富士急ハイランドのフリーパスなど別に必要です。
※2号車格安便は通年運行されています(最新の運行状況は公式サイトで確認を)。
※往復乗車券は10日間有効です。

フジヤマライナーの予約

電話

  • 近鉄高速バスセンター:TEL 06-6772-1631(営業時間 9:00~19:00)
  • 富士急コールセンター:TEL 0555-73-8181(営業時間 7:30~20:00)

インターネット

バスぷらざ(日本旅行)

・パソコンで予約の場合、自宅で乗車券が発券できます。
・会員登録をしなくても利用できます(選択)。

ウィラートラベル

富士急ハイランドの1日乗り放題フリーパス付きのプランも選べます。
・会員登録が必要です。

icon
icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする